弱虫ペダル17巻のネタバレと感想をチェック!【あらすじも紹介】

この記事は約6分で読めます。

弱虫ペダル

弱虫ペダル17巻のあらすじをチェック!

弱虫ペダル17巻読むの楽しみですよね!

それではあらすじを見ていきましょう。

あらすじ

集結する王者・箱根学園!! 追い上げる総北!! 追い込まれた御堂筋が発動する“段階(フェイズ)49”とは!? 激動のインターハイ2日目、クライマックス!!

引用:Amazon

弱虫ペダル17巻のネタバレと感想をチェック!

弱虫ペダル17巻は大ヒットの漫画で、多くの人が感想を述べています。

みんなどんな印象を持ったのでしょうか?

それではネタバレと感想をチェックしてみてください。

ネタバレと感想はこちら

六人全員で先頭に追いついた総北。ここからはアニメから先のお話。二日目ゴールを狙うスプリント勝負です。ついに我慢と根性の男石垣くんにライトが。御堂筋くんに落車から救われたことで吹っ切れた感じですね。「道は違えどゴールへ向かう気持ちは同じ」と新開さんと今泉くんを追い抜く石垣くんを見て昂りました。アニメ二期で彼が活躍するのが楽しみです。

ヘロヘロになった小野田君を支える鳴子君と今泉君。助け合いながら走っていく姿は感動。2日目ラスト4キロで飛び出したエースとアシスト。箱学は新開君がアシストとはv 復活嬉しい。しかし、御堂筋君の今泉君をいじめすぎだな。なぜそこまで(笑)スカシ相手に「6枚揃って完成形」と話してる金城さんしびれます。やっぱ高校生にはみえん。2日目ラストに向けて京伏・箱学・総北の三つ巴の闘いに目が離せません。地味に京伏の石垣さんもかっこいいし、御堂筋君が助けたのにびっくりしました。御堂筋くんにも熱い絆がめばえてるの?

インターハイ編2日目。一度はバラけた箱学も、そこはやはり王者。そして、そこへ飛び込む諦めない男達、チーム総北☆もぅ、この見開き全面に彼らが描かれてるシーンが大好き☆ここにきての、一年生三人の友情シーンが本当に涙。。アニメではここで終わってたから、ここからは一度深呼吸して・・・。続きいきます!!御堂筋の発動するフェイズ49がなんなのか、すんごく気になってたけど、、まさかですよね☆そして、、そのまさか・・・からのもぅ、、新開さん!!もぅ、カッコ良すぎる☆この、エーススプリントって言葉だけでゾクゾクしちゃう

もう凄いという感想しか出てこない。箱学VS京伏に食い込んできた“絶対に諦めない男たち”総北! 6人総力戦でぶつかる総北と箱学の戦いは見ていてとても気持ちがいい♪ 残りゴールまで4㎞、みんなの意志、想いを乗せてエースとアシストが前に出る。やだもう新開イケメンだわ♡ 石垣が健気過ぎて泣けてくる… でもね今泉も強く成長してますよ。「想いは届く」だよね!

総北もようやく追いついて状況は三つ巴。今泉も一仕事の前にようやく元に戻ってきたかな。御堂筋の予想が外れた時の狼狽え方が新開との一件で最早本気なのか演技なのかわからない。一体どこまでが御堂筋の描いたシナリオ通りなのか、そこでこの2日目の勝敗が決する。御堂筋は間違いなくヒールだが、京伏の他のチームメイトの境遇を考えるとどのチームも負けて欲しくないそんなクライマックス。エースって肩書き以上に重いもん背負わされるんだな……。

混戦のゴール前、総北、箱学、京伏の2日目クライマックスを描く第17巻。ゴールまでの展開を綿密に組立て、その上で個人の実力をも見せつける御堂筋の思惑はここで崩れ去る。絶対的な王者の貫録を見せる箱学。チーム全員でゴール争いに食らえ付く総北。両校の驚異的とも言える「強さ」は狂人じみて見えてもレース全体を冷静に分析していた御堂筋に全ての計算を捨てさせる。この巻は本当に見どころ満載!ゴール前の戦いだという事もありますが、今泉の復活や石垣の頑張りなど読みごたえを感じます。手に汗握るレースの描写は本当に素晴らしい…

2日目ゴール前をまた総北、箱学、京伏でねらう。迫力がすごい。どこも一歩も譲らないまっすぐゴールだけを見た走りに心が熱くなる。御堂筋の驚いた顔がこんなにみれるとは。荒北さんの口悪いのによくくみ取って、よく鼓舞させて、動じないな所本当かっこいい!今泉くんはよく振り切ったな。小野田までささえる心の余裕ができたし、1日でよく成長したなぁ。とりあえず2日目ゴールまでがんばれ〜。

先輩や後輩の上下関係なく信頼し合って頑張れるのって凄く青春だなぁと。こんな素晴らしい部活仲間が居るのが羨ましいことこの上無い。金城先輩のオーダー通りに小野田くんはチームを全員揃えた状態で、また今泉くんも何処か吹っ切れたようで良い調子。6人全員が揃ってこそのチーム!総北は遂に調子に乗って来たのかなぁ…と。またまた前日同様、箱根学園と総北に京都伏見のゴール争い。どのチームも他に負けないように影で努力して来てるから、どのチームにも頑張って走りきって欲しいと言う思いが拭い切れないんだよなぁ。

金城のオーダー通り先頭集団までチームを運ぶ坂道。1人が倒れそうになったら仲間がそれを支える。読んでて熱くなります。インハイ2日目のゴール前は総北、箱根学園、京都伏見の三つ巴の戦いに。ラスト4km、チーム全員の意思を背負いエースとアシストが飛び出す。チームに救われた今泉、エーススプリンター新開、総北、箱学に離されないように根性で喰らいつく石垣。チームのジャージをゴールに運ぶ為の熾烈な戦い。総北だけに拘らず箱学、京伏とチームの内情を描かれている為つい感情移入してしまい、どのチームも応援したくなる!

復活したいつもの今泉くん。チームへの恩を感じて走る様子に感涙。山が終わって荒北さんが新開さんを出す場面に安堵の鳥肌。石垣くんを御堂筋が拾う様子に、総北や箱学のチームの絆とは違うが、何かグッとくるものがあった。 途中の東堂さん(「1番やっかいなヤツ」)の引きがとてもカッコよく頼もしい。

引用:読書メーター

漫画は人生の豊かさを表す象徴ですね。

私は小さな頃から漫画が当たり前にある生活を送っていました。

昔はそれほど楽しみも今みたいに多くなかったので、漫画を読むのが最高の趣味の一つだったのです。

新刊が発売されると、すぐに本屋さんに駆けつけて漫画を購入していました。

お小遣いはほとんど漫画の購入代金で消えていた子供時代でしたよ。

漫画とともに大人になったのが私です。

今でも漫画を当たり前に読んでいます

40歳を超えた今でも漫画を当たり前に読んで生活しています。

今でも週間の漫画雑誌は全て購入し、好きな漫画は必ず単行本で購入しています。

漫画を読むと子供時代のあの幸せな時代が蘇り、なんだか生きていて良かったと実感できるからです。

皆さんも勉強や仕事に忙しい人も多いと思いますが、漫画を読むと人生最高に変わっていきますね。

今でも楽しく面白い漫画がたくさん生まれ続けているので、いつでも文化的に幸せを味わうことができるのです。

最近では電子書籍が便利で使いやすい

最近では電子書籍で簡単にスマホで漫画が読める時代となりました。

私も紙媒体の漫画を中心に読んでいましたが、現在ではスマホを使ってアプリで電子書籍を読む機会が多くなりました。

やっぱり漫画を読んでいると、夢や希望を持つことができ幸せを実感できますね。

私のお小遣いは少ないですが、漫画を読めるなら他の趣味をやめても良いと考えています。

漫画を読んでいるだけで、いつもの日常とは違い自由な夢の世界に暮らしているようです。

弱虫ペダル17巻のネタバレと感想はいかがでしたか?

皆さんどうでしたか?

弱虫ペダル17巻のネタバレと感想はチェックできたでしょうか?

もし気になるなら、実際弱虫ペダル17巻を手にとって読んでくださいね。

電子書籍でも紙媒体でもきっと楽しめると思いますよ。

私も漫画ライフを満喫しながら、最高の人生を送っていきたいと思っています。

それではお楽しみくださいね。

漫画ネタバレ
最後まで読んでくれて感謝です!また訪問してください( ^∀^)
yasui

岡山で気ままな自由暮らしをしている中年の男性です。ライターとブロガーとして生活をしています。少ないお金で自由に暮らす生活を目指しています。趣味に没頭できる時間が大好き!

yasuiをフォローする
yasuiをフォローする
漫画人生

コメント

タイトルとURLをコピーしました